行動計画

両備ホールディングス株式会社 行動計画

少子高齢化、労働力不足が懸念される中、
企業における人材の多様性を確保することが不可欠となっており、
女性の個性と能力が十分に発揮できる社会を
実現するという国の方針に基づき、
ワーク・ライフ・バランスや職場環境の整備を行う。
女性活躍推進の流れを加速しつつ、
すべての社員が「幸せ」を実感でき、
活き活きと活躍できる職場環境を目指し、
次の通り行動計画を策定する。

1計画期間:
令和2年4月1日 ~ 
令和4年3月31日(2年間)

2両備ホールディングス株式会社の課題

  1. 管理職に占める女性割合が低い
  2. 技術系職種に占める女性割合が低い

3目標と取組内容・実施時期

目標1:管理職に占める女性の割合を8%以上にする。

【取組:女性社員に対して、積極的に情報共有・意見交換ができる機会を提供していくことで、女性活躍推進の流れを加速しつつ、男女の区別なく活躍できる組織づくりを促進】

  • 令和2年
    8月~
    社員満足度調査の実施や自己申告書制度の活用を推進し、社員のニーズを把握する。また、必要に応じてヒアリングを実施する。
  • 令和2年
    10月~
    経営者層や両備グループ人財委員会等との意見交換会を実施し、組織の状況や方向性を把握する。
  • 令和3年
    1月~
    管理者クラスの社員対象に、ダイバーシティマネジメント研修を実施し、グループ/会社/自部門の課題認識と対策検討の機会を提供する。
  • 令和3年
    4月~
    キャリアセミナーや座談会を企画・実施し、キャリアアップについての情報提供や意見交換の機会を提供する。
目標2:乗務員担当社員(バス)に占める女性の割合を5%以上にする。

【取組1:採用数拡大に向けた情報発信・制度充実への取り組み】

  • 令和2年
    2月~
    学生向けパンフレット、ホームページ採用サイトの内容を見直す。
    ドライバー職リクルーターを選任し、現場の生の声を発信する。
    「短時間正社員制度」を導入し、働き方の柔軟性を高める。
    「カムバック制度」を導入し、退職者の再雇用や過去の内定辞退者の採用を推進する。
    自治体、ハローワークとの連携を密にし、最新情報の共有を図る。

【取組2:社員の定着に向けた意識改革・職場環境改善への取り組み】

  • 令和2年
    6月~
    乗務員担当社員を対象としたキャリアセミナーを実施し、参加者の自己理解 仕事理解を深める。
  • 令和2年
    10月~
    女性乗務担当社員を対象としたセミナー・座談会を実施し、女性関連テーマ・社内制度等の情報提供や意見交換等を通して、職場で活躍し続けるための課題・目標について考える機会を提供する。
目標3:計画期間内に、育児休業に関する水準を以下の通りとする。 男性社員 : 育児休業取得率10%以上を維持する。
女性社員 : 育児休業取得率・復職率・定着率それぞれ90%以上を維持する。

【取組:社内制度の活用に向けた情報発信の取り組み】

  • 令和2年
    4月~
    社内向け両立支援ホームページを開設し、仕事との両立を支援する社内制度の周知徹底を図る。
    配偶者が出産予定の男性社員及び、配偶者出産の報告の際の働きかけにより、男性社員の育児休業取得を推進する。
目標4:年次有給休暇の取得率を50%以上にする。

【取組:計画取得に向けた取り組み】

  • 毎年4月~年次有給休暇の取得状況を確認する。
  • 毎年6月~年次有給休暇の計画な取得を推進するため、各部門において取得計画を 策定する。
    心身のリフレッシュを促進するため、連続取得についても推進する。

以 上