会社概要

両備ホールディングス株式会社は
持ち株会社ではありません。

両備グループ内の中核事業会社として
ヒト・モノ・カネなどの経営資源も
一元管理(ホールド)する
独特の経営形態なのです。

両備ホールディングス会社概要

商号
両備ホールディングス株式会社
英文名
RYOBI HOLDINGS Co.,Ltd.
創立
1910(明治43)年7月31日
資本金
4億円
代表者
代表取締役会長
  • 小嶋 光信(CEO:代表経営責任者)
取締役副会長
  • 松田 久
代表取締役社長
  • 松田 敏之
代表取締役副社長
  • 三宅 健夫(両備グループ経営戦略本部本部長 / 両備経営サポートカンパニー長)
代表取締役専務
  • 原 雅之
常務取締役
  • 小山 嘉紀
取締役相談役
  • 竹内 淳二
取締役専務執行役員
  • 向井 和司(両備グループ経営戦略本部副本部長)
取締役常務執行役員
  • 山木 慶子(両備グループ広報部長)
取締役常務執行役員
  • 藤原 敏顕(両備経営サポートカンパニー 財務本部本部長)
取締役常務執行役員
  • 山田 昌治(両備経営サポートカンパニー 人財本部本部長)
取締役常務執行役員
  • 大坂 哲也(両備経営サポートカンパニー 創夢本部本部長)
取締役執行役員
  • 西村 真吾(両備グループ経営戦略本部副本部長/両備不動産東京カンパニー長)
取締役執行役員
  • 清水 正人(両備グループ経営戦略本部副本部長)
取締役
  • 伊原木 一衛
取締役
  • 岡﨑 彬
取締役
  • 高祖 日出夫
取締役
  • 黒瀬 敦美
常勤監査役
  • 向井 康隆
監査役
  • 服部 弘平
監査役
  • 服部 恭一郎
専務執行役員
  • 木元 康文
専務執行役員
  • 土江 富雄
常務執行役員
  • 川井 渉(両備ストアカンパニー長)
常務執行役員
  • 田邉 学 (両備トランスポートカンパニー長)
常務執行役員
  • 木内 直人(ソレックスカンパニー長 / 両備テクノカンパニー長)
常務執行役員
  • 川上 研二(まちづくりカンパニー長)
常務執行役員
  • 新居 正弘(海の七つ星プロジェクト 特命担当)
執行役員
  • 山田 英夫(両備バスカンパニー長 / 両備津山カンパニー長)
執行役員
  • 金重 雄志(両備バス関西カンパニー長)
執行役員
  • 槙尾 恵(両備スカイサービスカンパニー長)
執行役員
  • 西田 直樹(両備テクノカンパニー副カンパニー長)
執行役員
  • 佐藤 朝洋(両備不動産広島カンパニー長)
執行役員
  • 岩木 勝行(両備グループ安全マネジメント委員会安全管理室長)
執行役員
  • 松田 典久(両備グループ経営戦略本部 海外担当)
執行役員
  • 大木 義正(両備タクシーカンパニー長)
執行役員
  • 田村 俊幸(両備経営サポートカンパニー財務本部海外財務部長)
  • 柚木 一友(両備スポーツセンターカンパニー長)
  • 森  大資(両備フェリーカンパニー長)
従業員数
約2,500名
本社
岡山県岡山市北区錦町6-1

経営理念・経営方針

経営理念

ちゅうじょ 忠恕

真心からの思いやり

経営方針

  • 一、社会正義
  • 一、お客様第一
  • 一、社員の幸せ

忠恕(ちゅうじょ)は、100有余年の
両備グループの歴史の中で
脈々と受け継がれてきた創業者の思いです。
真心からの思いやりを意味し、
全ての社員が仕事をする上での指針としています。

そしてその忠恕を、社会、お客様、社員への
3方向に展開したもの、
つまり、社会への思いやりとして「社会正義」、
お客様への思いやりとして「お客様第一」、
社員への思いやりとして「社員の幸せ」、
を経営方針としています。

社会正義

コンプライアンス以上の正義。両備グループでは法制化されていないことも社会正義として貫くことを表します。

お客様第一

「儲け」は「信じる者」と書きます。お客様から信用されて利益が上がることが、儲けることを示します。偽りの顧客主義では意味がなく、企業には、常に最善の商品やサービスを提供する姿勢が必要です。

社員の幸せ

幸せの方程式:
社員の幸せ
=健康×能力×やる気+夢
=個人の業績

健康、能力、やる気のどれかがゼロになれば、個人業績はゼロです。この方程式は、幸せは誰かがくれるものではなく自らの努力でつかむもので、夢をもって取り組めば、さらに幸せ度が上がる、ということを表しています。

社内カンパニー

両備ホールディングス株式会社は、
社内カンパニー制度を採用しています。
ヒト・モノ・カネという経営資源を
一元管理する両備型の経営形態で、
各カンパニーの執行はCEOから
信託されたカンパニー長があたり、
スピーディな経営判断で企業運営を進めています。

カンパニー 所在地 電話番号 事業内容
両備経営サポートカンパニー 〒700-8518
岡山県岡山市北区錦町6番1号
086-232-2118 総務、人事、経理、財務管理業務
両備バスカンパニー 〒700-0902
岡山県岡山市北区錦町7番23号
086-232-2116 バス事業(乗合バス、高速バス、特定バス、人材派遣、貸切バス)、旅行業、主催旅行の企画販売等
両備津山カンパニー 〒708-0884
岡山県津山市津山口126番1号
0868-22-6188 タクシー事業、貸切バス事業、旅行業、主催旅行の企画販売等
両備バス関西カンパニー 〒571-0042
大阪府門真市深田町2番1号
06-6908-5212 貸切バス事業、旅行業
両備トランスポートカンパニー 〒702-8003
岡山県岡山市中区新築港9番地の4
086-274-8070 陸運事業、倉庫事業、通関事業
両備タクシーカンパニー 〒703-8245
岡山県岡山市中区藤原46番地
086-272-1519 タクシー・貸切バス・旅行・車両管理事業
両備フェリーカンパニー 〒702-8003
岡山県岡山市中区新築港9番地の1
086-274-1222 旅客船事業
両備スカイサービスカンパニー 〒701-1131
岡山県岡山市北区日応寺1277番地
086-294-2300 岡山空港地上業務全般、全日空岡山地区総代理店
両備ストアカンパニー 〒701-0221
岡山県岡山市南区藤田650番地6
086-296-9555 ショッピングセンター(Pモール)、スーパー(リョービプラッツ・両備ストア)運営
両備テクノカンパニー 〒700-0953
岡山県岡山市南区西市570番地
086-241-0441 自動車・重機等販売整備、産業電源・オフィスシステム・携帯電話販売、防犯機器販売、オフィスセキュリティ、コンサルティング、警備業務
ソレックスカンパニー 〒709-2122
岡山県岡山市北区御津吉尾40番2
086-724-9060 トレーラー製造・販売、金属加工事業
両備スポーツセンターカンパニー 〒700-0823
岡山県岡山市北区丸の内2-1-10
丸の内ヒルズ8階
086-234-1110 フィットネスクラブ・コンディショニングステーション・テニスクラブ運営
まちづくりカンパニー 〒700-0818
岡山県岡山市北区蕃山町3番7号
両備蕃山町ビル2階
086-225-5326 都市開発・宅地開発・分譲マンション・仲介・賃貸・コンサルティング事業
両備不動産東京カンパニー 〒108-0023
東京都港区芝浦三丁目2番16号
田町イーストビル3階
03-3769-7878 首都圏を中心とした不動産投資及び不動産開発・不動産分譲事業
両備不動産広島カンパニー 〒730-8533
広島県広島市中区八丁堀2-31
広島鴻池ビル2階
082-221-1220 分譲マンション開発・不動産分譲事業及び不動産投資

両備ホールディングスグループ

会社名 所在地 電話番号 設立年月日 資本金(万円) 従業員数(人)
両備トランスポート(株) 〒343-0855
埼玉県越谷市西新井453-1
048-972-6022 1999(平成11)年.9.3 3,000 1,037
両備フェリー(株) 〒702-8003
岡山県岡山市中区新築港9-1
086-274-1222 2011(平成23)年.4.1 1,000 36
津エアポートライン(株) 〒514-0010
三重県津市なぎさまち1-1
059-213-6582 2004(平成16)年.1.19 1,000 64
瀬戸内観光汽船(株) 〒701-3202
岡山県備前市日生町寒河2570-26
0869-72-0698 1969(昭和44)年.8.12 7,400 30
国際フェリー(株) 〒761-4301
香川県小豆郡小豆島町池田1-18
0879-75-0405 1963(昭和38)年.10.4 1,760 82
神戸ベイクルーズ(株) 〒650-0042
兵庫県神戸市中央区波止場町7-1
078-360-0039 2001(平成13)年.6.21 1,000 17

沿革

1910(明治43)年 7月
西大寺観音院で 西大寺軌道株式会社 創立総会開催
1911(明治44)年 12月
軽便鉄道事業を西大寺-長岡間(現在の岡山市東区)で開始
1914(大正3)年 11月
西大寺鉄道株式会社 に商号変更
1936(昭和11)年 5月
西大寺鉄道が共同出資で子会社として 両備バス株式会社 設立
1955(昭和30)年 10月
西大寺鉄道と両備バスが合併し、商号を 両備バス株式会社 に変更
1961(昭和36)年 1月
両備観光株式会社 設立
1962(昭和37)年 9月
西大寺鉄道を閉業。52年の歴史に幕
1962(昭和37)年 10月
航空部を創設し両備航空センター開設。全日空・東亜国内航空総代理店として営業開始
1963(昭和38)年 10月
南備海運株式会社 が両備グループ入り
1964(昭和39)年 10月
大阪両備バス株式会社 設立、大阪市阿倍野区で業務開始
1964(昭和39)年 11月
岡山県岡山市に西日本最大の整備工場が完成し、倉敷工場を移転
1967(昭和42)年 9月
両備観光株式会社を合併し、商事部 とする
1967(昭和42)年 11月
大阪両備バス株式会社を合併し、大阪支社 とする
1968(昭和43)年 6月
不動産課を 不動産部 に昇格させ本格的に不動産事業開始
1969(昭和44)年 11月
南備海運株式会社と日の丸タクシー株式会社が合併し、両備運輸株式会社 設立
1972(昭和47)年 4月
商事部を ストア部 に名称変更
1972(昭和47)年 7月
両備ボウルが岡山市内にオープン (2018(平成30)年10月に閉場。46年の歴史に幕)
1981(昭和56)年 9月
両備電子部品株式会社 設立
1983(昭和58)年 6月
ボウル部を スポーツ事業部 に改称
1987(昭和62)年 8月
ソレックス株式会社 設立
1998(平成10)年 9月
ソレックス株式会社と両備電子部品株式会社を合併し、商号を ソレックス株式会社 とする
2000(平成12)年 4月
社内カンパニー制導入で8事業部を社内分社。シビルバス、両備観光、スカイサービスサプライズ、
両備整備、両備不動産、両備ストア、両備スポーツセンター、両備保険の各カンパニー
2003(平成15)年 6月
保険事業を株式会社トーキョー・リョービへ移管
2007(平成19)年 4月
両備バスと両備運輸が合併し、新商号を 両備ホールディングス株式会社 とする
両社の事業をそのまま社内カンパニーとして引き継ぎ、両備シビルバス(現 両備バス)、両備観光
(現両備バス)、両備観光大阪(現 両備バス関西)、両備トランスポート、両備タクシー、両備フェリー、
両備スカイサービス、両備ストア、両備不動産、両備テクノ、両備スポーツセンター、両備経営サポート
の12カンパニーでスタート
2010(平成22)年 7月
創立100周年を迎える
2012(平成24)年 4月
津山タクシー株式会社を合併。両備バス津山支店と津山タクシーで 両備津山カンパニー を新設
2013(平成25)年 2月
社内カンパニー 両備インベストメントカンパニー 新設(2014(平成26)年に 両備不動産東京カンパニー に改称)
2015(平成27) 6月
両備不動産カンパニーを 岡山まちづくりカンパニー に改称し、
両備不動産カンパニー広島支店開設準備室が 両備不動産広島カンパニー へ昇格
2015(平成27)年 10月
ソレックス株式会社を合併し、ソレックスカンパニー とする
2019(平成31)年 6月
岡山まちづくりカンパニーをまちづくりカンパニーに改称