両備ホールディングス株式会社 行動計画

少子高齢化、労働力不足が懸念される中、企業における人材の多様性を確保することが不可欠となっており、女性の個性と能力が十分に発揮できる社会を実現するという国の方針に基づき、ワーク・ライフ・バランスや職場環境の整備を行い、女性がポテンシャルを最大限に発揮でき『社員の幸せ』が実感できる会社となるよう 《管理職に占める女性の割合を2025年までに10%にする》 ことを目指し、次の通り行動計画を策定します。

1.計画期間 : 平成30年4月1日 ~ 平成32年3月31日 (2年間)

2.両備ホールディングス株式会社の課題

  • ①管理職に占める女性割合が低い
  • ②技術系職種に占める女性割合が低い
  • ③長時間労働により平等に活躍できる職場環境でない
  • ④非正規雇用の女性の割合が高い

3.目標と取組内容・実施時期

目標1:管理職に占める女性の割合を7%以上にする

【取組:女性社員を対象に管理職育成を目的とした研修の実施、参加促進】

●平成30年5月~ 女性幹部養成コース(グループ研修)および特別女性青年重役会への参加促進
●平成30年8月~ 社員のニーズを把握するため、従業員満足度調査の実施や自己申告書の提出を求め、必要に応じてヒアリングを実施
●平成30年9月~ 経営管理基礎講座(グループ研修)の受講者募集において、主任・長クラスの女性社員の参加促進
●平成31年2月~ 経営者や両備グループ人事委員会等との意見交換会実施
●平成31年3月~ 経営管理基礎講座修了者に対する青年重役会への参加促進

目標2:バス運転職、タクシー乗務社員に占める女性の割合を4%以上にする

【取組1:学卒採用における女性の応募者拡大】

●平成30年4月~ 学内説明会開催に向けて、各大学、短大へアプローチ
●平成30年7月~ 高校への求人活動において、女子校や男女共学校へのアプローチ
●平成30年10月~ 学生(男女)を対象とした職場体験インターンシップを年1回以上開催
●平成30年11月~ バス運転職、タクシー乗務社員の女性応募を増やすため、学生向けパンフレットとHP採用サイトの内容を再検討、作成
●平成31年3月~ 学内説明会開催に向けて、各大学、短大へアプローチ

【取組2:職場環境改善への取り組み】

●平成30年4月~ 女性社員受け入れ拡大に向けて各事業所の職場環境(勤務実態や施設など)の現状把握
育児、介護、両立支援関係各種法令やグループ共通各種制度の周知、『両備グループ育児・介護のための両立支援ガイドブックの配布
●平成30年7月~ バス運転職、タクシー乗務社員として活躍している女性社員へのヒアリング実施
●平成31年10月~ 女性社員受け入れ拡大に向けた改善項目実施

目標3:女性の非正社員から正社員へ1名以上転換をする

【取組:育児や介護等により制約のある社員も正社員として長く働ける職場環境・制度の整備と促進】

●平成30年5月、
7月、12月
育休中・子育て中の従業員のためのイベントを開催し、育児と仕事の両立についてのニーズをヒアリング実施
●平成31年1月~ ヒアリング調査をもとに課題抽出
●平成31年3月~ 制約のある社員でも正社員として長く働ける環境整備のための施策立案

以上