業務内容

スタッフを通して業務内容を知る

入社年月日:2014年4月1日

仕事について

1.入社した動機を教えて下さい。スカイを選んだ動機

初めに興味を持ったのは空港での仕事であればいろんな国籍のお客様と接する機会があると思ったからです。大学で英語を専攻していたので、少しでも活かせる仕事に就きたいと思い、就職活動をしていました。
会社説明会に参加し、実際に岡山空港でグランドスタッフとして働いている先輩社員の話を聞きました。
羽田のような大空港に比べると1日にハンドリングする便は少ないですが、その分一人の職員がいろんな仕事ができるという点に魅力を感じました。
とにかく覚えることがたくさんあること、早番遅番と不規則なシフト勤務が辛いという話もありましたが、それ以上にやりがいのある仕事だと感じました。

2.現在の仕事について教えて下さい

旅客業務では、お客様が空港に来られてから飛行機にご搭乗になるまでの接客全般を担当しています。
入社して5年目になるので、搭乗業務やカウンターチーフの仕事も任されています。
チーフは通常の業務に加え、時間やお客様情報の管理、また、そのセクションの責任者としていろんな判断をします。
また、現在は運航系の業務も担当しています。運航業務は飛行機の到着から出発までの全体の時間管理をする工程管理業務、空港の天候や飛行高度、搭載物、お客様情報などをパイロットに伝える運航支援業務、飛行機の重量バランスや搭載物の管理をするロードコントロール業務から成っています。
運航系の業務は旅客、貨物、整備士、パイロット、また岡山空港内の各関係部署や到着地空港などなど、空港内外の部門とやりとりをして運航をサポートする仕事です。

3.仕事面でうれしかったこと・失敗談を教えて下さい

嬉しかったことはお客様からお褒めの言葉を頂いたことです。
以前、ラウンジでフロア担当していた時にお飲物をこぼされてしまったお客様の対応をしました。
空いた座席に移って頂き掃除をしましたが、お客様はその後も新しい飲物をお召し上がりになりませんでした。
こぼしてしまった事をよほど恐縮されたのだろうと思ったのでお客様が電話で席を外された間に代わりのお飲物とスナックミックスを用意しておきました。
後日、お客様から予約センターに「気遣いが嬉しかった」との電話が入ったと報告を受けました。
わざわざ後日にお礼の言葉をくださった事がとても嬉しく、仕事の励みになったのを覚えています。
また、運航の仕事では自分がしっかりと事前に準備をしたことで、パイロットに「あのアドバイスは助かりました」と言ってもらえた時や自分が組んだ工程どおりに貨物・旅客それぞれの部門がスムーズに動き、厳しい工程の中でも定刻に便を出発させることができた時に喜びを感じます。
失敗談はお客様とうまくコミュニケーションが取れておらず、間違った対応をしてしまったことです。
最初の頃は自分の理解している知識(航空券やイレギュラー運航時の対応など)を分かりやすくお客様に伝えることが出来ずにミスコミュニケーションになってしまうことがありました。
飛行機に乗りなれていないと、お客様ご自身も何が分からないのか自体が分からないというケースもあるので、お客様の話をよく聞き、またこちらからも提案をしてみるなど、しっかりと会話をするように心がけています。

4.将来の目標を教えて下さい。

運航の仕事は独り立ちをして約1年経ちますが、まだまだ経験も浅く「もっと早く判断ができたんじゃないか」「あの時ああすればもっとスムーズに進んだかも」と反省することが多いので、経験を積み、イレギュラー時にも素早く方針を決めてはっきりと情報発信ができるようになる事が当面の目標です。
もっとスキルアップをして旅客・運航どちらの業務でも自信を持って働き、お客様にも一緒に働く人たちにも「安心感」を与えられるような存在になりたいです。

PROFILE 【Tさん】

趣味
ホットヨガ
好きな芸能人
綾野剛
性格
負けず嫌い
行ってみたいところ
スペイン

業務紹介

運航支援業務・ロードコントロール

運航管理者と機長の間に立ち、天候状況・運航状況を伝達したり重量管理・バランス管理を実施し、運航を支えています。

作業工程管理

  • 飛行機の地上作業全般を精査し、その便が定刻に出発できるよう各作業工程の調整を行います。