両備バス 路線バス

両備路線バス --- お知らせ

このページを印刷する 情報更新日: 2010/08/27
  • HOME
  • 3つの世界初を有する「SOLARVE(ソラビ)」完成
3つの世界初を有する「SOLARVE(ソラビ)」完成
両備グループ100周年記念事業 小嶋代表企画 第2弾
3つの世界初を有する「SOLARVE(ソラビ)」完成
水戸岡鋭治、総合プロデュース キーワードは安全・安心・エコで健康
未来バスSOLARVE
両備グルー プ[事務局:岡山県岡山市北区錦町6-1(両備ホールディングス株式会社内)、代表:小嶋光信]はグループ代表小嶋光信企画として「感謝の100年、思いやりでネクスト100年」を、両備ホールディングス株式会社のバス車両にて具象化しています。両備グループ100周年記念事業の一環で、岡山の地への感謝の意を表現するものです。
第1弾は7月19日運行を開始した、今だ根強い支持を戴いている西大寺鐵道“けえべん”を再現したリニューアル車両の「SAIBUS(サイバス)」でした。
今回の第2弾では新車を全面改装し、未来に求められる世界唯一、オンリーワンの路線バスとしてエコロジーでハイブリットな上、路線バスでは考えられなかった車内空間を創造した「SOLARVE(ソラビ)」を製作いたしました。
未来バスSOLARVE
 
名称 「SOLARVE」(ソラビ=solar + vehicle:ソーラー+ビークル)
車両 三菱ふそう ハイブリッドバス (新車)
大きさ 改装前 全高 3.09m  全長 10.95m 全幅 2.49m 
改装後 全高 3.25m  全長   同上    全幅  同上
定員 改装前 座席 24人  立席 36人  乗務員1人  計 61 人
改装後 座席 18人  立席 25人  乗務員1人  計 44 人
総工費 車両価格 4900万円 改装費 3000万円    計7900万円
配属 両備バス西大寺営業所(岡山市東区西大寺上)
使用開始月日:平成22年9月1日 西大寺線(岡山駅~西大寺)を一日4往復運行
特徴
世界初、車内を白で統一(近未来的車内空間のご提供)
可能な限り天然素材を使用。しかも、皇室御用達、高級家具メーカー、ヒノキ工芸により、すべてオリジナル制作
・床はホワイトシカモア(デンマークから輸入した、樹木の中で最も白い木)を使用。健康、環境に配慮し、最も安全な*ソープ塗装を施しました。
・座席は合皮でありながら本皮の質感を持つ白いソファー作り
・家具類には軽量感を出すために栗の木や、ナラの木による*プライウッドを使用
*ソープ塗装:ヨーロッパで昔から伝わる技法、木材の保護塗料として石けんを塗りつけ、木材自体の汚れを防ぐという技法です。無垢の木が持つ質感を損なわず、成分的にも健康と地球環境に配慮した、LOHAS時代の製品です。仕上がりが濡れ色にならず、白木の美しさを最大限に引き出すことが出来ると喜ばれています。
*プライウッド:薄くシート状に削った板を交互に重ね合わせて熱圧力を掛け成型されますプライウッドは強度があり無垢の木材では難しいカーブが付けられるのが特徴です。
世界初太陽光発電を搭載(環境に配慮)
路線バス初の太陽光電池を使用(三洋電機開発)
室内灯にLED(10灯)を採用し、屋根部分にソーラーパネル2枚(894mm×1424mm)とソーラーフイルム(柔軟性のあるシートタイプ(228mm×332mm)を90枚設置。その電池を室内灯にて使用します。
世界初マルチアングルビジョン設置(視界を補助し、安全確認をサポート)
車体前後、両サイドの上部にカメラを4台設置、車両周辺の映像をリアルタイムに高速処理し、車両の周囲を立体的に合成した映像と3次元CGで描画した車両の映像を生成するシステム(世界初の技術)(富士通テン開発)
空気清浄器を5台搭載(安心、安全、健康に配慮)
「除菌電解ミスト」方式により浮遊ウイルスを抑制するポータブル空間清浄器「エネループエアフレッシャー」(1回の給水で約10時間連続使用可能)を5台搭載 (今後バス業者へ販売開始)(三洋電機開発)
窓には特別車にしか施工しない紫外線(UV)カットフィルムを使用
情報提供用、小型液晶車内ポップ2台搭載
車内照明にLED採用 (環境に配慮)
車両はハイブリット車両
  【開発協力会社】
三洋電機、富士通テン、大阪車両工業、市川基商事、クラリオン、キクテック、岡山三菱ふそう自動車販売、ヒノキ工芸、ドーンデザイン研究所
このページの先頭へ