新型コロナウイルス感染症拡大防止対策

  西大寺本線、玉野特急、倉敷小溝線の混雑状況をこちらよりご確認いただけます。
  時差出勤や混雑回避の参考としてご活用ください。(7月8日更新)

 

 

感染防止ビニールカーテン設置 マスク対応 健康管理 始業点呼

空調外気 清掃状況 

①感染防止ビニールカーテン設置

全路線バスの運転席のまわりに、感染防止の

ビニールカーテンを設置しています。

 ②マスク対応

お客様に安心してご利用いただけるよう、

乗務員はマスクを適宜着用しています。

 ③健康管理

始業システムにより乗務員の健康状態を確認しています。

・体温、血圧の計測、その他の健康状態の確認

 ④始業点呼

乗務前に対面で乗務員の体調を確認しています。

また、点呼者と2メートルの距離を保つようにしています。

 

⑤空調外気

車両前方、もしくは前後に換気扇を設置しています。

また、乗降時のドア開閉時換気で室内換気は確保されており、

窓を開放することにより、さらに換気効率が向上します。

そして、待機中は可能な限りドアや窓を開放して、

外気を取り入れています。

※ 三菱ふそうトラック・バス(株)報告による

実際の実験動画
清掃状況

運行終了時など適時、車内を除菌清掃を行っています。

特にお客様のお手が触れる手すりや座席周辺

(手すり、ひじ掛け、ICカード読取機、降車ボタン等)を

念入りに清掃しております。

また、清掃時はマスクと使い捨ての手袋を着用し、感染防止に努めています。