INTERVIEW
OKAYAMA MOMOTARO AIRPORT
RYOBI SKY SERVICE COMPANY
 社員の声③竹内めぐみ




入社の動機を教えてください

小学校の頃通っていた英会話教室の先生が元グランドスタッフ職の方で、空港で働く事の楽しさを聞いていたので、ずっと憧れの職業でした。

大学生の頃オーストラリアへ留学した際に、空港で働くグランドスタッフの方の優しい笑顔の中でもてきばきと仕事をこなすかっこよさに惹かれ、自分も同じように空港で働きたいという想いが強くなりました。

就職は地元岡山でしたいという思いがあったので、岡山空港でグランドスタッフとして働くことができる両備スカイサービスカンパニーを志望しました。



現在の仕事内容を教えてください

ANA便の旅客担当として、搭乗手続き、手荷物のお預かり、保安検査場での監視業務、搭乗口の改札機業務、到着したお客様を到着ロビーまでの誘導などです。

空き時間は、毎日更新される業務連絡に目を通したり、委員会活動をしたりしています。

業務連絡は日々更新され、タイムリーに情報を把握しなければ業務に支障が出ることもあるので、毎日必ず確認しています。

委員会活動は定時性や安全性などをテーマに4つの班に分かれ、お客様により快適に空港を利用して頂けるように、それぞれ目標を持って常に活動しています。



業務中の嬉しかったこと、エピソードなどを教えてください

業務中に嬉しいことは、お客様が笑顔で搭乗される姿を見る事です。

また、新型コロナウィルスの影響で減便が発生した時、多くのお客様より励ましの言葉を頂いたことはとても嬉しかったです。

「コロナ禍ですが、安心して搭乗出来ました!」や「コロナが収束したらまた必ず岡山空港を利用します!」などお客様からの声援は本当に力になりました。

失敗談はたくさんありますが、カウンター業務に合格したすぐの頃、お客様が指定した便ではない便を間違えて払戻してしまったことです。

気付いたのは便出発後でしたが、先輩が羽田空港に連絡を取ってフォローをしてくださったおかげで、再度同じ便の航空券を購入して頂くことが出来ました。

私はそのとき何も出来ませんでしたが、「こんな先輩になりたいな」と思って頑張ったことをずっと覚えています。



あなたの夢を教えてください

今は新入社員の教育に携わっているので、新入社員の方にグランドスタッフの楽しさを伝えられる指導員になることです。

空港での仕事は専門知識が多く大変なこともありますが、お客様の旅の始まりのわくわく感を自分が提供できるようになると、毎日とても楽しくやりがいのある仕事です。

空港で働く楽しさを実感すると、結婚・出産後もグランドスタッフを続けられる方が多いです。

私自身も育児休暇を取得し、仕事に復帰しました。

復帰後はフレキシブルワークプランを利用し時短勤務で働いているため、仕事と育児を両立しながら今でも楽しくグランドスタッフの仕事を続けることができています。