安全マネジメント

両備グループ安全宣言

社会正義の経営方針に則り、交通運輸各社は、「運輸安全マネジメント」に基づき、「安全」を最優先とし、「日本一安全な運輸企業」を目指して頑張ることを宣言します。

両備グループ代表 松田 久

活動方針

両備グループ安全マネジメント委員会を中心に、労使参加で、より現場に密着した効果的な活動を展開し、目標である「日本一安全な運輸企業」を目指します。

*SSP-UP=S=safety&security(安全),S=service(サービス),P=productivity(生産性)

安全方針

  1. 安全運転(運航)を第一とし、法令順守し、基本に忠実に日々業務を遂行すること。
  2. 車両(船舶)の整備を的確に行い、始業点検を厳正に行なうこと。
  3. 点呼において、日々安全への啓蒙、関心を高めること。
  4. 教育を通じて安全意識を常に涵養すること。
  5. 万が一重大事故の場合、人命尊重を第一に対処し、速やかに上司、関係機関への連絡をとること。

両備交通三悪

①飲酒運転
②運転中の携帯電話通話及び画面注視
③免許証不携帯

SAFTY-OK+IB運動

S:スピード出しません
A:安全車間保ちます
F:踏切止まります
T:追突しません
Y:よそ見しません
O:追い越し注意します
K:交差点内徐行します
 +
I:居眠りしません
B:パック自損しません

両備ホールディングスの「安全マネジメント」取り組みについて

  1. 輸送の安全に関する基本的な取り組み
  2. 輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況
  3. 自動車事故報告規則第2条に規程する事故に関する統計
    →バス部門[PDF]
    →トラック部門(両備トランスポート㈱)[PDF]
    →タクシー部門[PDF]
    →旅客船部門[PDF]
  4. 輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統[PDF]
  5. 輸送の安全に関する計画[PDF]
  6. 輸送の安全に関する内部監査結果及びそれを踏まえた措置内容[PDF]
  7. 安全統括管理者
  8. 安全管理規程 | バス部門[PDF] | トラック部門[PDF] | タクシー部門[PDF] | 旅客船部門[PDF] |